FC2ブログ
ピアノ炎上2008

piano.jpg

ジャズピアニスト  山下 洋輔さん

 

能登の海で 燃えるピアノに 挑戦   

ピアノ炎上2008

ありました

 

はぁ?と おもわれるでしょう

 

わたしも どんなんやろう?と娘も 見たいとのことで

いってきました

 

私の地元の 海岸です

 

umi.jpg


穏やかな 海  美しい砂浜に 

 

ぽつんと グランドピアノが ひとつ

 

能登の高齢者が多い 小さな町

普段は とっても静かで

 

今日も 何事もなかったような 町の様子

ギャラリーは たぶんあまりいなくて

見に行っても 場違いかな?なんて

思いながら 会場の能登リゾートエリア増穂浦へ

 

ところが なんと お天気はいいといえ 寒い 寒い砂浜に

凄い 人だかり・・・

 

県外からの ギャラリーもたくさんきていたらしく

地元の宿泊施設も 満室とのこと

 

私は 昼食会のあとで 着替えもせず 場違いのブーツで

砂浜へ・・・(ちょっと はずかしかった)

 

静かに その時を待つ ピアノが 

 

なんとも幻想的 非日常的で・・

 

不思議な感じ

 

 

 夕暮れの美しい海に その姿は 栄え

海の色  空の色  夕日を浴び 

山が逆光になりその色たちを   引き立てる

 

アーティスト 粟津 潔 のゆかりの地の海で実現する

夕暮れに 現代の多様なメッセージを 込めていると

 

いよいよ 夕暮れ5時

  

山下 洋輔さん 登場   拍手で迎えられ

ピアノの前に進み出る

席に着く   少し 気持ちを集中させているのか 

ゆっくりと 指を鍵盤へ運ぶ

 

と、すぐに 煙が もくもくあがり あっという間に

 

炎に包まれ  炎のピアノを 即興で演奏

弦が 順番に切れて 音が だんだんと出なくなる

 

15分くらいでしょうか・・・ 山下  洋輔さん ピアノから

離れ その様子を じっと見守る

 

  燃え上がる炎

それを 見ていると  

 

みんな   すべての命は   こうやって自然へ帰るのか  

 

それを受け止める大地  自然の大きさ

を、感じた

 

 

すぐに 帰ろうと思っていたのに

いつの間にか その光景に 見とれていた

 

だんだん崩れおちる ピアノの姿に 

本当は まだ音がでていたはずのピアノ

 

燃やさないでーって 想う自分がいて

せつなくなった

 

 

撮影禁止ということで 残念ながら画像なし

9日 北国新聞朝刊に 大きく 写真が載ってる(今朝 間違えて ごみへだしてしまった)

 

1時間くらい 見ていたか

時間がないので  最後まで見れず その場から去った

togi.jpg

明日も 大事な行事が・・・

慌てて 帰路につく

  とぎの海は きれいだった  

  

そして いつもと 変わらず  悠々と 目の前に広がり

                   とても 静かだった

                togi2.jpg

 

なんだか ずっと 黄昏て いたかった

 

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【2008/03/10 10:00 】
アート | コメント(0) | トラックバック(0)
<<晴れの日 嬉しい | ホーム | 昼食会と お礼>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yumeusako.blog120.fc2.com/tb.php/47-2b845008
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |